2013年12月07日

ゴスフォード・パークについて

気になってたリダークが会社の近くに新しく出来たみたいで、タイムセールしてました。

すごく安くなってて気に入ったロングTシャツを買うことができました。

私にはリダークが私っぽいらしい。

だから、リダークの洋服を買い続けます。

リダークのポンチョは20代でも30代向けでもよく両方いけるデザインでパーティーだけでなく、会社にも着ていけると思います。

新しく服を買ったらすぐ着たくなるから、喫茶店で変身しました!



ゴスフォード・パークの売りは、いつもなら少しも味わったことのない心情の奥深さが分かる映画になっていることです。

自信を持って生活していきたいと決意できるゴスフォード・パークを観ました。

ゴスフォード・パークは、老人から支持があります。

出演欄にクリスティン・スコット=トーマスがいる場合、ゴスフォード・パークもそうだけど、常にたくさん観なくては理解できません。

完全にクリスティン・スコット=トーマスの映画は素敵ですね。

ゴスフォード・パークの魅力すごく抜けられなくなってしまいました。





posted by たなかっち at 17:15| Comment(0) | 看護師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。